星の坊主さま

星の坊主さまですけども。

記事一覧(60)

いつのまにか日が暮れる日々

おひさしぶりの坊主です◯最近は家の中で事務仕事、外に出たら新シーズンに向けて畑の準備、と目まぐるしく時間が過ぎてゆきます。段取り良くゆけばいいのですが、試行錯誤を続けているので、トントン拍子にはゆきません◯でもこうやってしっかり時間をかけてひとつひとつ手をかけることがいいんだろうなあとぼんやり思っています。3月からはいよいよ苗づくりが本格化します◯ この冬は冷え込みが厳しかったため、小麦や玉ねぎ、ニンニクが凍えてしまっており、春先にどれほど手をかければいいか思案しているところです。星の坊主さまは、基本的に肥料は使わないのですが、作物の状態や田畑の土の状態を感じてみて、必要あれば植物性肥料、というか土壌改良のための自家製資材を入れます。今年活躍しそうなのが、これから作り始める「くん炭」です。これはお米のもみ殻をいぶし焼いて炭化させたものなのですが、酸性にかたよる土を整えたり、微生物の住処になったりする万能の資材です。あとは春先に、伸びのいい野草を黒砂糖漬けにして、そこから得た微生物たっぷりの液を拡大培養して、米ぬか、くん炭、もみ殻を混ぜて作るボカシ肥。これまた万能なのです◯ミネラルの補給は微生物たちに任せます◯なんとかしてくれー!という感じです。ここに窒素分豊かな動物性堆肥が混ざれば、たくさん収穫できたり大きく収穫できたりするのでしょうけれど(大雑把に言って)、田畑を肥やしてくれるマメ科の作物とお付き合いを深めながら、坊主はのんびりとやっていきたいと思います。さ、明日はくん炭づくり1回目です◯楽しんでゆきますよー!!

〈満員御礼〉3/11(日) 星の坊主さまのお話会『星から聴いた物語』vol.2

お昼の会、夕方の会、ともに満員御礼となりました!ありがとうございます!. . . . . . . .星の坊主さまのお話会『星から聴いた物語』vol.2. . . . . . . .3月11日、日曜日。西荻窪でお話会をひらきます。2月のお話会が始まる前、すでに、3月にも開催したいね、という話になっていました。ふさわしい日にちを探そうと、カレンダーを眺めて目に止まった日が3月11日でした。2011年の3月11日の出来事をきっかけに自給自足を志し、農の世界に足を踏み入れいまも作物を育てている星の坊主さまは、この日に馳せる大きな思いがあるようです。とはいえ、わたしたちはこのお話会の日にち自体に特別な意味を持たせようという意図はないのです。でも、他の日を感じてみてもなんとなくしっくりこない……理由はちゃんと説明できないのですが、3月11日がいいね、ということで決定しました。『いっせーの、せ!』という物語を道しるべに、星の坊主さまの言葉でいう「魂のシナリオ」についてのお話をしてゆきます。. . . . . . . .おこさまボーイズのごはんを囲む時間. . . . . . . .そして、今回もおこさまボーイズの100%植物性のオーガニックランチ付きです。前会は熱気の余韻が残る会場のなか、最初のひと皿として出された1杯の透明なスープを参加者のみなさん全員が無言ですすっていました。スープに向き合い、自分に向き合う。そんな静かな時間が自然に生まれたのもおこさまボーイズのごはんのちからなのではないかと思います。次回はどんなごはんに出会えるのでしょうか。わたしたちも、いまから楽しみにしています。3月11日、日曜日。お気持ち、お身体が向かれる方、ぜひ時間をご一緒しましょう。. . . . . . . .〈詳細〉星の坊主さまのお話会『星から聴いた物語』vol.2〈日にち〉2018年3月11日(日)〈時間〉お昼の会 と 夕方の会、お話のテーマは同じですどちらかご都合のつく時間にご参加ください◯お昼の会(満員御礼のためキャンセル待ち受付中です)・09:50 ~ 開場・10:00 ~ お話会・12:00ころ~ お食事(お食事後の解散は各自)◯夕方の会・17:40 ~ 開場・18:00 ~ お食事・19:00 ~ お話会開始・20:30ころ 終了〈参加費〉各 4800円(おひとりさま)◯下記を含みます・物語『いっせーの、せ!』 おひとりさま1部ずつ・おこさまボーイズの100%植物性、オーガニックランチ・あたたかいお茶・おこさまボーイズで使える「50円引き券」〈場所〉「暮らしのいろいろ ていねいに、」東京都杉並区西荻南1-18-11*JR中央線西荻窪駅から徒歩7分〈お申し込み〉お昼の会、夕方の会、ともに満員御礼となりました。ただいま、キャンセル待ちのみご応募を受け付けております。https://goo.gl/forms/ZWk73zb7JirCaK2P2〈プロフィール〉◯おこさまボーイズhttps://okosamaboys.blogspot.com/毎週日曜日、西荻窪「暮らしのいろいろていねいに、」にてごはんやさんをしています。おかゆぱんとオーガニック野菜のランチ。 食べてくれる人のからだに溶け込んでゆく、めぐる季節のすこやかさを楽しむごはんです。優しい甘みのおやつも大好評。◯星の坊主さま/こじょう ゆうやhttp://www.starbows.net東日本大震災をきっかけに自給自足の必要性を感じ、佐久市に移住。2016年春に農と執筆の表現活動として「星の坊主さま」を立ち上げる。農薬や肥料を使わずに米や野菜をちいさな田畑で育てながら、児童文学を中心に、日々の暮らしの中で出会う人々や情景、宇宙を彩る星々の声を聞きながら執筆活動も行う。

2018年の田畑について

明けましておめでとうございます。昨年末はイベントのお誘いが盛りだくさんで、師走らしいわっちゃわちゃな一ヶ月を過ごしました◯おかげさまでたくさんの出会いがありましたが、お会いするタイミングを逸した方もいらっしゃいました。星の巡りと同じように、人の巡りも何かしらの法則がありそうですが、巡りを感じていくことを大切にしたいと思います。田畑のシーズンが終わってからというものの、星の坊主さまは農以外にも、食や星やそれにまつわる表現活動をしておりますが、あくまでもそれらの活動は農の活動があって初めて成り立つものなので、農という軸はおろそかにしません◯むしろ、その方が朗らかで、健やかなので個人的にはあの楽しみだけは外せない!といったところです。さて、前置きが長くなりましたが2018年の田畑について。今年は農園内で大切なイベントを開催する予定です。しかもお野菜がいろいろと仕上がる夏の盛りの時期です。こうなってくると、大切なのがレイアウト。星の坊主さまの田畑のテーマは『遊び場』とは言え、ぼくはようやく独立後三年目を迎えるビギナーなもので、農に対する考え方は持っておりますが、技術と経験はまだまだまだまだです。それでも、自給することはできるようになりましたので、あとは腕を磨いていくばかりです。今年は昨年栽培に失敗した作物や、数が足りなくなってしまった作物を、イメージ通りに仕上げられるようにします。そして、上手にできた作物(これは主にコンパニオンプランツが成功した)を、継続して栽培できるようにすること。実験圃場は今ずいぶんと草が茂っているはずです。冬も青々と生きている植物たちの根に暮らす微生物さんたち。今年もどうぞよろしくお願いいたしますね。春先はまた野草を採取してボカシ肥をたーくさん作って畑に入れようと思います。ボカシは野草と黒砂糖のみを使って、発酵させて培養させてゆきます。百姓仕事は創造的で楽しいです。あとは休耕地に野菜公園を作ろうと思っております。アイディアはまだ特にないけど…。野菜セットはいつも通り、五月下旬ごろの発送になるかと思います。まとまりのない思いつきだらけの記事になりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします◯

ありがとう、2017

(山フーズさんの土のケーキはとっても美味しかったです、の写真)今年は数秘術的に言うと、とっても充実する年。というだけあって、とっても充実しておりました。3月頭までは土と暮らしのオープンカレッジの運営に東奔西走しておりました。たくさんの方に関わっていただき、たくさんの方のお力添えのおかげで、たくさんの方に喜んでいただくことができました。たくさんのご迷惑もおかけしましたが。。。そんなわけで、今年はじっとしていようと、決めました。まずは自分の日々の暮らしをととのえよう。しっかりと自立しようと。でも、すぐに大きな変化が起こりました。ひとつめは引っ越し。ふたつめはCOSMIC WONDERの前田征紀さん、STARDUSTの清水香那さんにお誘いを受けて京都へ。その後の人の流れは大きく変わり、勢いのままにワークショップをたくさん企画しました。関わってくださったのは、手仕事研究家の石田紀佳さん。「夏至の薬草と五の秘密」「藍の生葉染め」 叩いて、浸して、草の精をうつす旧暦七夕の星空入門「黄道十二星座のめぐり」「白道を描く月のシグナル」「月経養生の会」貴重な五つの講座は遠方からもたくさんの方にお越しいただき、充実した時間を過ごすことができました。その間に、高知四万十からTABI食堂主宰、音楽家のささたくやさんをお招きしお話会や音楽会を開いたり、パームリーディングで大活躍中のくろさわじゅんこさんの鑑定会を二日間開催したり、cayocoさんのレシピ本、foodlettersのお手伝いをしたり。六本木Shimaumaにて、お野菜やお食事の販売や、嶺川貴子さんとダスティン・ウォングさんのライブにフード&ドリンク出店したり。STAND GINZAに一日出店したり、西荻窪ていねいに、さんで八百屋さんをしたり、松庵文庫さんでななまる商店さんと一緒にお米を販売したり。岐阜県美濃市のエムエムブックスさんで再び、前田征紀さんと服部みれいさんとお話会をしたり、代々木上原hakoギャラリーでえみおわすさんの展示会のお手伝いをしたり、その二週間後にmi'ndyことフクシマミキさんの展覧会“ Week Elements of ・ sat. ± ”に参加したり。これまで、たった一年の中で、こんなに多くの人と出会うことはなかったです。どの人も、キラキラ輝いていて、その出会いの時間に身を投じることは、この上なく幸せでした。そんな中で、見つけたものはたくさん。ちっちゃかったり、おっきかったり。駆け出しの星の坊主さまにとってはずいぶんと刺激的な一年でしたが、皆々様のおかげで、たしかな行き先を見出すことができました。ひとまず。亀の足取りで、えんやこらと歩みを進めようと思います。一歩ずつ、一歩ずつ。踏みしめるというよりは、踊るようにそっと。来年のことは、来年になってから考えようと思います。今は、とってもお世話になったこの家をピカピカにして、ありがとうを伝えたいです。それが終わったら、次へ。まだ誰も知らないけれど、少しずつ思い出していけるはずの次へ。今年一年、ほんとうにありがとうございました。来年もまた、どうぞよろしくお願いいたします。よいお年を。星の坊主さまこじょうゆうや

COSMIC WONDER × 服部みれい × 星の坊主さま

(去年の11月に行われた前田征紀さん×服部みれいさんのトークショーの様子。福太郎さんinstagramより)http://murmurmagazine.com/event-school/10828/去年このトークショーに運良く参加することができて、一番後ろの席で楽しませていただきました。ちらっと見えていますね。そんな日から一年と少し。今度は、登壇者として参加させていただくことになりました。COSMIC WONDER主宰 前田征紀(まえだゆきのり)さんまぁまぁマガジン編集長   服部みれい(はっとりみれい)さんお声がけをいただいたのはみれいさんの旦那さまで、まぁまぁマガジンを発行しているエムエムブックスの社長、服部福太郎さん。奇しくもその翌日、東京で前田征紀さんとお会いする機会がありました。「いったいぼく、何を話せばいいんですか?」と相談したところ、征紀さんは「星の、、、話、、、」と呟かれたので、「みれいさんとそういう打ち合わせしたんですか?」と訊くと、「いや、、、なにも、、、」と仰るので、ぼくは思わず天を仰ぐと、征紀さんは何かを思い出したようで、何拍か置いた後、まっすぐな瞳でこう言いました。「来年以降の、、地球について、、、どうするか、、ってみれいさんが、言ってはりました」「え!? (地球についてどうするかってどういうことなんだろう)」ぼくは思わず語気を強めて、征紀さんに尋ねました。「ゆきのりさん、どうするんですか? 地球!」征紀さんは、二、三度まばたきをしてから、すっと笑って「なにも、、、しないです」と全身を脱力させながら口にするもんだから、ぼくは思わず笑ってしまいました。「いつもどおりで、、、いいんじゃないですか?」征紀さんとみれいさんにお話ししている「いつもの」やつは、正直言って、何と言うか、何とも言えないんですけれど、とりあえずそんなわけで、「いつもどおり」でお話しさせていただきます。4月の京都、STARDUSTさんでトークショーが行われたときにつくった『いっせーの、せ!』という作品と、今回のイベントに向けて執筆した『グランドフィナーレ』という作品をたずさえて美濃に伺います。『グランドフィナーレ』は地球の意識にコンタクトして、書き上げたものです。来年以降、月と地底の人々が大きく動き出す気配があるので、そこも踏まえて。なんて意味深なこと言いましたが、そんな感じです。以下は、エムエムブックスさんのHPに掲載されているお申し込み方法です。お時間ある方は、ぜひいらしてくださいね。美濃はとっても素敵なところですよう◯【イベント詳細】
日時: 12/9(土)15:00〜16:00 場所: 美濃市うだつのあがる街並み某所 詳細の場所はご参加予定の方のみ後日ご案内いたします。 (エムエム・ブックス みのより徒歩5分程度の場所です) 参加費: 1,500円(あたたかいお茶付き)

定員: 30名 ※先着順



◎ご予約方法 ・お電話で0575-46-8168へお問い合わせください
(営業時間:12~17時/火・水・木曜日定休)
・メールで
event@murmurmagazine.com(担当わたなべ)まで
下記のようにメールをお送りください
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――– 件名:トークショー予約希望 本文:
・お名前(ふりがな)    ・電話番号    ・メールアドレス    ・生年月日    ・ご在住の都道府県    ・ご参加人数    ・登壇者に聞いてみたいこと
(ナシの場合は無記入のままご送信ください) みなさまのご応募を、お待ちしております。 またトークショー当日12月9日(土)より「COSMIC WONDER 竜宮衣 原始ノ布から」展も開催しております。

西荻窪で星の坊主さま。

おこさまボーイズさんのお店の日にお邪魔して、ちいさないちばを開くことになりました◯詳細はおこさまボーイズさんのSNS投稿を引用します!▽▼▽おしらせ▽▼▽
11月12日(日)「ちいさないちば」@ていねいに、
\\長野より〈星の坊主さま〉が西荻窪にやってきます//
  長野県佐久市の山あいの集落で無農薬・無肥料栽培のお野菜づくりと、物語の執筆をしている〈星の坊主さま〉(http://www.starbows.net)が、東京・西荻窪の〈ていねいに、〉の軒先で「ちいさないちば」を開きます。
  霜が降りる前に収穫し、時間の魔法であまくあまく変化した「さつまいも」や「バターナッツ」、挽きたての「小麦粉」などにくわえて〈おこさまボーイズ〉が星の坊主さまの農作物を使ったおやつやスープも並びます。また、星の坊主さまはいつも出店の時などに物語を書きおろしてみなさんにお配りしています。 ただいま今回の東京出張のために執筆中!
この物語はちいさないちばでのご購入だけでなく、おこさまボーイズでのお食事やティータイム中にもお渡ししますので、出来上がりを待つ間や、ランチの後の西荻窪でのおさんぽ、お家でのんびりの時間などにお読みください。
  ちいさないちばは売り切れしだい店じまいとなります! お日さまが高いうちに、ぜひ西荻窪におこしくださいね。
 
 
▽▼▽「ちいさないちば」ラインナップ▽▼▽
 《農作物》 ・さつまいも(品種:シルクスイート) ・むらさきさつまいも(品種:パープルスイートロード) ・バターナッツ ・たまねぎ ・大根 ・かぶ ・小麦粉(中力粉)
  《おやつ》すべて植物性100%です ・さつまいも(シルクスイート)のプリン ・白と紫、2色のさつまいものタルト ・挽きたて小麦のまんまるクッキー
  《スープ》
・バターナッツと玉ねぎの黄金ポタージュ
  《おこさまボーイズのTAKE OUTドリンク》 ・ほうじ茶の豆乳チャイ ・オーガニック珈琲 ・三年番茶
・ハーブティー
 
  ▽▼▽詳細▽▼▽
星の坊主さま「ちいさないちば」 場所:暮らしのいろいろ ていねいに、 〒167-0053 東京都杉並区西荻南1丁目18−11 時間: 11:00〜17:00(*売り切れ次第終了となります) 電話: 03-3331-5750
 
 
▽▼▽星の坊主さま▽▼▽
HP:http://www.starbows.net
instagram:https://www.instagram.com/star_bows1007/
facebook:https://www.facebook.com/starbows2016/ twitter:https://twitter.com/star_bows