星と土となかまたち

野草マルチ、はじめました。



よく見ると、等間隔で植わっている苗が見えるかと思います。

これは芽キャベツの苗。はじめて作ってみてます。

知り合いに簡単だよと言われてたので、すぐにチャレンジ。


立夏を過ぎて夏のような気候になってきたこの頃。

まだ朝晩はうっすら冷えるけれど、じゅうぶんに土の中も温まってきました。


夏野菜の苗の植え付けを控えているので、えっさほいさとビニールマルチを張っているのですが、

その中で、やって見ようと思ったのが、この野草マルチです。



農作物を安定的に、計画的につくろうとすると、

野草マルチの両脇にあるようなビニールマルチがとても便利です。

ただ、使い終わったあとにゴミになってしまうことや、

ビニールが破れて、その破片が畑におっこちると、それを拾うのが結構大変です。

そんな風に、いろいろと思うところがあったので、今回試してみることにしました。


田畑のまわりで元気良く伸びている野草を刈って、苗を植えた畝に敷き詰める。

地温を上げたい苗は、株元の土に太陽の光が当たるようにすこーしあけて。

地温よりも、土の中の湿度を保ちたいときには、逆に株元までしっかり敷き詰めて。


畝に野草をふんだんに飾ったら、米ぬかをパラパラまいて、微生物が活発にはたらくように。


上手にいくかはわからないので、ビニールマルチもつかいますが、

今シーズンはこんなことを畑で試しています。

もし具合がいいようなら、少し大変ですけれど、ちょっとずつ畑の風景を変えていきたいです。


おとぎ話のように幻想的な畑づくりができればいいなあ。