星と土となかまたち

玉ねぎ収穫開始


今年は去年よりも大きくできました!玉ねぎ!

とはいえ、これが一番大きいくらいなので、全体的には中玉が多いのですが、

少し成長を感じたので、ほっと胸を撫で下ろしているところです。


佐久地域は4月中旬ごろからの1ヶ月ほど、雨が少なくなるのですが、

ちょうどその頃合いは、玉ねぎが大きくなるのに水を欲する時期。

というわけで、水を多めにあげてみました。

輪作の関係上、土は肥えているはず。ここで雨を待つよりは、くれてやれ!

で、こんな感じです。上出来だなあと。


この大玉を見ていると、来年はムラなく大きくしたいなと思ったのですが、

収穫中に出てくる大小様々な玉ねぎは、どれもこれも愛らしいのです。

うーむ。これはこれでいい気がする。星の坊主さまっぽい。

うん、やっぱりムラがあった方がいい。

そんな精神性により、伸び代が感じられない星の坊主さま。


さて、話は変わります。下仁田ネギです。

6/12に「畑の様子」という記事を書いた時に、土寄せした下仁田ネギをお見せしましたが、

2週間でこんな感じです。



右側は草取りメディテーションにより、草取りを実施。左側が、2週間後の姿。

もう一枚。



ネギの背丈と同じくらいに、ハキダメギクやらアカザやら、大きくなっているのです。

そこを草取りメディテーションでていねいに引っこ抜きます。

これで、土の中の栄養や太陽の光はすべてネギたちのものだ!!(おおげさ)


1枚目の左側に空き地がありますが、8月上旬に植え替えをするための場所です。

そうすることで新しい根がネギを太くつややかにしてくれるのです。


去年は草取りも植え替えもさぼったので、細くてしなやかなネギでした。笑

今年はどんなネギになりますかねえ。楽しみです。