星と土となかまたち

「望月おかいこ農場」吉原大輝くんの真綿紡ぎ糸のこと

【講座】8/22(火) 旧暦七夕の星空入門『黄道十二星座のめぐり』

http://www.starbows.net/posts/2763868

「望月おかいこ農場」吉原大輝くんの真綿紡ぎ糸のこと


吉原大輝くんはこの春(2017年)に農場をはじめたばかりの青年です。農薬を使わず野菜・米・麦を育てながら、おかいこの飼育、糸づくり、織りものなどを生業としています。奥さまとふたりのお子さんに支えられながら、たったひとりで桑の木を育てるところからはじめ、おかいことの安定的な暮らしにむけて少しずつ歩みだしています。

 

そんな吉原くんが紡いだ「真綿紬ぎ糸」をわけてもらえることになりました。師匠のハネ繭を「大ちゃんがちゃんと使ってくれるならば」と譲っていただいたものを、彼が選別したり虫干ししたりして、真綿にしたものです。

 

彼の農場や工房は、会場となる「星の坊主さま」の家から車で5分ほどの距離にあります。この、ごくごく近い距離のあいだで、彼が紡いだ糸がわたしたちに受け渡され、新たな手仕事を加えられること…こうやって書いてしまえば数文字で終わってしまうのですが、いま、この時代の世界の在りようのなかでは、とても有り難く幸せなことです。おおげさだと笑われるかもしれないけれど、うれしくて震えてしまうほどです。

 

今回、彼の協力により講座の日に「真綿紬ぎ糸」を販売いたします(1束 500円)ので、ご希望の方は彼の糸をぜひ使ってみてください。刺繍糸よりはずっと細く繊細ですが、2本取りにしたり、何度も同じところに刺したりして使っていただけると思います。ご自分で工夫するのも楽しいですね。

 

前日に行われる「藍の生葉染めの会」では、「星の坊主さま」の畑で育てた藍の葉で、彼の糸を染めてみようと思います。何度か藍の生葉染めを経験してきたわたしも、どんなふうに染まるのだろうと、新しい気持ちでワクワクしています。

(*「藍の生葉染めの会」は定員に達したため受付を終了しました。)

 

 

遠い宇宙に浮かぶ星々は、実は、地球に共に生きる身近な草木のようにわたしたちと繋がっている。本講座では、十二星座を手がかりに、星々と人間の影響を感じるお話にじっくり耳を傾け、ご自身の星座の刺繍をして手を動かしていきます。

 

【講座】旧暦七夕の星空入門『黄道十二星座のめぐり』

詳しくはこちらをご覧ください

http://www.starbows.net/posts/2763868 


タイミングが合えば、吉原くんも講座に参加してくれるそうです。どこまでもまっすぐに、まじめにおかいこや野菜作りにとりくむ吉原くんの人柄や、彼のお話にぜひ触れてみてください。

みなさまのご参加、こころの底からお待ちしています!