星と土となかまたち

すず風とすず虫



秋はあっという間に深まって、青々していた草木がほのかに黄色くなり始めています。

ごきげんようです、世界中のみなさま。

こちらは8月下旬からなにかと賑やかな毎日を過ごしており、今ようやく落ち着き始めました。


先日えびすとバターナッツというかぼちゃを収穫しましたが、

この子たちをほくほくと美味しく食べる頃にはもう秋から冬へ移る頃ですね。


世間はなんだかセンチメンタルです。秋ってそういう季節なんでしょうか。

ぼくは遺伝子が何かしらの古い記憶を思い出させて

小学生の頃に戻ったような気分で、ここ数日を過ごしています。

秋生まれのぼくは根っからのセンチメンタリストな気がします。


日々の暮らしに十分満足していることで、不足感や欠落感はないのですが、

何かこう、ぽっかり感を味わって生きています。

こういうときは大抵、良い創り物ができるんです。


台風も近づいてきているようですし、この週末は家でのんびり過ごそうと思います。

書きかけの作品をつくりながら、マイペース、マイリズムで。


もう少ししたらまた、いろいろとお知らせをさせていただきます。

冬の始まりまで、アクティブに動いていこうと思います。


シーズンも残りわずかですね。

みなさま引き続き、星の坊主さまをよろしくお願いいたします。



それでは。