星と土となかまたち

ようやく、稲刈り。


すかーんと秋晴れでした。背後には雄大な浅間連峰。

美しい景色の中で、ようやく刈り取りを始めました。広さは1500㎡。

このあたりの農家は一反五畝とか、15aという風に言います。


お米のパートナーは研修時代の後輩、望月おかいこ農場の吉原大輝くん。通称だいちゃん。

植えるのは手でしたが、刈り取るのも手でやると年を越してしまいそうなので、

今年もこの子にお世話になりました。



これはバインダーという機械で、この子を走らせると、稲は下の図のようになります。



ある程度の束になると麻紐で結束してくれる機械で、15aの広さも1時間半ほど走らせればすべて束になります。



試しに干してみましたが、週末は台風が通過するということで、様子見。

同じ広さの田んぼがもう1枚残っているので、次の晴れ間が続く日を見計らって刈り取りをする予定です。


美味しいお米の出荷は12月上旬頃になりそうです!

みなさまもう少々、つばをごっくんしてお待ちくださいね。