星と土となかまたち

2018年の田畑について

明けましておめでとうございます。

昨年末はイベントのお誘いが盛りだくさんで、師走らしいわっちゃわちゃな一ヶ月を過ごしました◯
おかげさまでたくさんの出会いがありましたが、お会いするタイミングを逸した方もいらっしゃいました。
星の巡りと同じように、人の巡りも何かしらの法則がありそうですが、巡りを感じていくことを大切にしたいと思います。

田畑のシーズンが終わってからというものの、星の坊主さまは農以外にも、食や星やそれにまつわる表現活動をしておりますが、あくまでもそれらの活動は農の活動があって初めて成り立つものなので、農という軸はおろそかにしません◯
むしろ、その方が朗らかで、健やかなので個人的にはあの楽しみだけは外せない!といったところです。

さて、前置きが長くなりましたが2018年の田畑について。
今年は農園内で大切なイベントを開催する予定です。しかもお野菜がいろいろと仕上がる夏の盛りの時期です。
こうなってくると、大切なのがレイアウト。

星の坊主さまの田畑のテーマは『遊び場』

とは言え、ぼくはようやく独立後三年目を迎えるビギナーなもので、農に対する考え方は持っておりますが、技術と経験はまだまだまだまだです。

それでも、自給することはできるようになりましたので、あとは腕を磨いていくばかりです。

今年は昨年栽培に失敗した作物や、数が足りなくなってしまった作物を、イメージ通りに仕上げられるようにします。
そして、上手にできた作物(これは主にコンパニオンプランツが成功した)を、継続して栽培できるようにすること。

実験圃場は今ずいぶんと草が茂っているはずです。冬も青々と生きている植物たちの根に暮らす微生物さんたち。
今年もどうぞよろしくお願いいたしますね。

春先はまた野草を採取してボカシ肥をたーくさん作って畑に入れようと思います。
ボカシは野草と黒砂糖のみを使って、発酵させて培養させてゆきます。

百姓仕事は創造的で楽しいです。
あとは休耕地に野菜公園を作ろうと思っております。アイディアはまだ特にないけど…。

野菜セットはいつも通り、五月下旬ごろの発送になるかと思います。

まとまりのない思いつきだらけの記事になりましたが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします◯