星と土となかまたち

おたよりをご紹介します(その1)

2月11日(日)に開催した『星から聴いた物語』vol.1 に

ご参加いただいたみなさんよりお便りをいただいています。


ほんとうにありがとうございます!


お便りをいただいた方に許可をいただいて、

すこしずつ星の坊主さまのホームページでご紹介してゆきますね。


それでは、おひとつ目です。




先日はありがとうございました。

たくさんの気づきがあり、本当に参加させていただき感謝しています。


先日の『星から聴いた物語』に参加し、

このところ頭に浮かんでくることをただ感じていました。


これまでは、浮かんでくることにジャッジしている自分がいました。

ただ感じるって初めてだった気がします。

そうすると今まで気づいていなかった自分の本心が見え、

本当は自分が何を望んでいるかにだんだん気づいてきました。


同じテーブルの方との会話にもヒントがありました。

それは、極限まで無理をしたことで、懲りて人生の方向転換しようと

思ったというお話を同じテーブルの方に聞いたことです。


そのお話を聞くまで自分も同じ経験をして、

なんでもっと早く気づかなかったのだろうと思っていたのですが、

その方のお話を聞いて極限まで無理をした経験も初めて肯定できた気がします。


また、自分を大切にするのに罪悪感を感じる必要はないという

話を友達にシェアしたところ、友達はずいぶん楽になったようです。

優しい人ほど、自分を大切にすることに罪悪感を感じている気がしました。


まだ、これからもお話会に参加したことの気づきが出てきそうです。


3回目がありましたら、ぜひ参加したいです。

また、お二人にお会いできるのを楽しみにしています。





この方の個人的なご感想ではありますが、

わたしたちの気づきにつながる言葉がたくさん詰まっていますね。


ご自身が自分で気づきを得てくださったことや

おともだちへシェアしてくださったこともとっても嬉しいです。


おしつけるのではなくて、出来事を自然にお話してくださったからこそ

おともだちの気持ちを楽にして差し上げられたのかもしれませんね。


おたよりをくださって、ほんとうにありがとうございました。

わたしたちも、ふたたびお会いする日を楽しみにしています。


(お話会・担当者より)