星から響いた声を物語に。


日々の暮らしの中で出会う人々や情景のひとつひとつが創作の源泉となり、


宇宙を彩る星々の声を聞くこともまた、執筆の大切なきっかけです。


こじょうゆうやは、子どもも大人も楽しむことができるような物語を書いています。


気まぐれなタイミングで書き始め、5分と持たないこともあれば、1日中書いていることも。


なぜ、物語を書いているのか。その原点は今も昔も、これからも変わりません。


今までに出会ってきた魅力いっぱいの仲間たちを、物語の中でこれでもかと自慢するためです。