星と土となかまたち

「感じたことを表現するために、創造的な思考をしよう」


『星から聴いた物語』7話セット、再販の受付を開始してから、びっくりするほどお申し込みをいただいてます。


お申込みいただいた方には、感謝の気持ちをお伝えしようと一筆したためております。
すべて手作業で準備しているので、お届けまでに日数をいただく方もいらっしゃると思いますが、のんびりお待ちいただけたら幸いです。

ちなみにまだお手紙は半分も書き終わっておりません(笑)。
引き続きみなさんのお名前とお星さまを感じながら、ペンを走らせます。

最近はぼくたちのマイブーム「感じたことを表現するために、創造的な思考をしよう」キャンペーンをしております。

ぼくたちのおはなし会も、感じたことを表現し、創造的な思考を通して、よりきめ細やかでわかりやすい情報にしていく活動です。
(もちろん、至らないところがたくさんあるのは認識していますが、そのときそのときのベストを尽くしている、つもりです)

表現というのは、絵を描いたり文章を綴ったりするような作品をつくることだけではありません。自分の内側に閉じ込めていたり、感じたまま出していなかったりするものを、誰かに話したり、メモに書いたりするだけで十分な表現です。


みなさんも、もし感じたことがあれば、ぜひぜひ自分自身の外側に出す表現をしてみてください。


ぼくたちに直接おはなし会や物語のご感想をくださってもいいですし、発信するものいいですし、パートナーや家族に表現するのもOKです。

はたまた、日記にしたためるのも素敵だし、誰もみていないところでダンスを踊ったりしてもいいですね。他者に見せる見せないは、もちろん自由ですから。

「それぞれが感じたことを、有形無形関係なく、(創造的な思考とともに)自分自身の外側に出すこと」は、今とっても大切な気がしています。


たとえば、

「今日のわたしの内側をお弁当で表現しよう!」と決めたときに、

「じゃあどういうお弁当にしようか?」

「影を感じた部分は海苔で表現しよう」

「光り輝く星々はとうもろこしの粒々で!」

とか、そういうことを創造的な思考のひとつとしてとらえて、表現してみるのはいかがでしょうか。お弁当を食べるご主人やお子さん(もしくはご自身へ向けて!)、お手紙を添えたっていい。


つまり、方法はなんだっていいのです!


感じたことを言語にするのは、創造的な思考から生まれます。
それはボキャブラリーの多い少ないは関係ありません。
どんな言葉がいいか、どういう文章がいいか、詩がいいのか、キャッチコピーみたいにするのか。
自分が一番しっくりくる形で表現しさえすればいいのです(自己満足サイコー!)。

この世界で生活をしている人は、つまり生(命)活(動)をしているわけですから、生きているだけで立派な表現者です。
だから、気づいていなくても、もうすでに、たくさんの創作物を世に発信しているはずです。
それが心地よいものかどうかは個人差があるかもしれませんけれど。


そもそも、ぼくはこれまでに「感じたことを表現すること」を躊躇して、何年も表現していない時期がありました。
自分の感じたことを相手に受け取ってもらえない恐れがあったからだと思います。

そんなぼくにとって、『星から聴いた物語』は「感じたことを表現するための、創造的な思考」を「形にする」ためにようやく見つけた表現方法のひとつ。
星から聴いた声の美しさや素晴らしさを分かち合いたくて、みなさんに言葉で伝えるために、自分なりにできる限り考えてみつけた手段なのです。

ぼくたちの彩り豊かな表現が、この世界をより豊かにしていきますよ。
一緒に、この世界を、日々を楽しみながら、たーくさん表現していきましょう!
感性と思考が巡り会う時、それはもうとんでもない奇跡が起こるはずです。

『星から聴いた物語』、お手にとっていただくみなさまにとって、何かのお役に立てれば幸いです。


🌿8月は予約制で再販します🌿

『星から聴いた物語』7話セット

:: 受付期間 ::

8月5日(月)〜8月11日(日)

:: 発送 ::

8月23日(金)より。お申し込みいただいた順にお送りしていきます。


詳細はこちらの記事で!

お申し込みは下記のフォームをご利用ください。


〈 ご購入お申込みフォーム 〉

https://forms.gle/Zep8hNYrXGNF9Sa87